Charlotte Burtonは紙に対する遺伝子を受け継いでいます。というのは、彼女の祖母はシドニーでThe Paperplaceを所有しています。それについては前回のブログでも紹介されました。現在は、彼女の母がそれを経営し、オーストラリアで卓越したステイショナリ―ストアとなっております。 彼女の父親はThe Paperieの創設者です。優秀な輸入業者で卸売りをしており、オーストラリア、ニュージーランド、そしてロッシ社の間で厳選されたパートナーであります。
シドニーのCBD(中心業務地区)にあるThe Paperplaceは、1984年1月から家族経営されているお店です。40年以上の経験を持ち、上質な紙と文房具、印刷、そして職人が手掛ける美しい紙製品を取り扱ってしいます。
マサチューセッツ州ボックスボロにあるチョコレート生産会社Two Friendsのチョコレートバーは美しい紙で包装され、同じくボストンのIsabella Stewart Gardnerミュージアムで取り扱われています。
“あなたは私に言いましたね…もし自分に使えるお金を手に入れたとしたなら、家を買って美しい絵や芸術品でいっぱいにして訪問する人々が楽しめるようにするだろうと。 そして、あなたはその若かりし頃の夢を実現させましたね。”