『シドニーから7マイル、不安から最も遠い場所』 こちらは、ポート・ジャクソン&マンリー・スティームシップカンパニーで掲げられているスローガン。 1940年に創設され、オーストラリアの美しい海辺リゾートを活かそうという想いが込められているそうです。 マンリーは今や800万人以上もの観光客が訪れるメジャーな観光地です。 世界中の人々が自然の美しさや美味しいレストラン、ショッピングや文化イベントに魅力されています。 マンリーはシドニーからフェリーで15分、移住するにも最高な場所であり、もちろんシドニー探索として観光にもばっちりです! その小さな半島はシドニーハーバーと大西洋に隣接しています。 その自然美はノーフォーク島に囲まれ、200個のショッピングプレース、130個のカフェ、40個のビーチがあります。   このまるでユートピアのような街で、マーティン・バートンはペーパーラバーでありながらサーファーであり、紙の輸入業もしています。   その取扱店舗が”The Paperie”というショップです。 オーストラリア、ニュージーランド一体のステイショナリーストアに世界中から職人が作った紙を届けています。 比較的万人受けしそうな紙は他の輸入業者などに頼んで仕入れています。 “The Paperies”の商品は紙に対する愛情と直感、そしてほとんどが手作りや代々家族で営まれているメーカーから仕入れた紙で成り立っています。 マーティンはヨーロッパの中でもイタリアをメインに紙を探しています。カートスやレガミ、ルビナートペンシル/ペンなどの有名なブランドに加えて、ドイツのレーダー社のハンドメイドカードやアンビエンテのイタリアンナプキン、そしてもちろんロッシ社やインスティチュート・フトクロモ・イタリアーノからも商品を仕入れています。 時間はかかりましたが、ついにこのブログで”The Paperie”についてマーティンに話していただけて嬉しく思います。きっと、マンリーと職人技で作った紙に対する愛が伝わるはずです。 ここからは、マーティンに一問一答形式で質問した時の内容です。   オーストラリアのマンリーはどんな所? シドニーハーバー北部の最初にできたサーフビーチです。フェリーに乗り込み、有名なオペラハウスから20分離れたところにあります。海が近い郊外でシドニーに住む人もよく遊びに来る場所です。太陽をたっぷり浴びながらサーフィンするのにオススメ!   輸入販売の活動拠点はどこですか? 現在はオフィスをここに構えていますが、自分のライフスタイルによって場所を変えることはできます。倉庫は地元の商業地域にあってオフィスからは10分でつきます。   自分でもお店を持ちたいと思いますか?もしくは輸入業に徹底したいですか? 実は今、自分のブティックでも働いています。それは私の母が30年間経営者してきたお店で、シドニーだけでなくもしかするとオーストラリア全体で最初の家族経営システムを取るステイショナリーストアかもしれないです。 そしてもちろん、輸入販売も続けていきたくて今はまだ自分のお店よりも”The Paperie”をもっと拡大させることを目標にしています。   ご自身のお店ももちろんお気に入りですか? もちろん!15年前に自分と妻で一緒に受け継いだお店です。イタリアに1年住んだことがあり、その時に紙作りの職人技に圧倒されました。 まだ主軸は輸入販売としているので、この5年間はそこに注力してビジネスを拡大させてきました。   何に惹かれて今のショップの輸入販売を始めましたか? 私たちは職人が作った紙しか販売していません。歴史があり、高品質のものばかりです。私たちには大勢が好きそうなものやマーケティングによるとかこれが売れそうという考えがありません。 それにビジネスパートナーとしていかにより良い関係でいようということよりも、良き友達であり良い関係を築くことの方がよっぽど大切です。   どの国からどれくらいの紙を仕入れていますか?   70%がイタリアからです。 それは私たちが、職人の紙づくりと言えばイタリアだと考えているからです。もちろん、ロッシ社のイタリアンペーパーは最高です。...
100年以上も昔、上層階級の若い女性達は自 地位や教養を活かして、とあるパブリックサービスを設立しました。 それは、若い女性達によって設立されたことから”ジュニアリーグ”という名前で呼ばれていました。 今では通称”AJLI”と呼ばれる女性のボランティアネットワークとなり、存続しています。 元々は、初めて社会進出を果たしたニューイングランドの女性グループが立ち上げた国際的なボランティアコミュニティでした。 その経緯はアメリカ、カナダ、メキシコ、イギリスにおいての歴史的瞬間として残っています。 このコミュニティは、1901年にニューヨーカー達と社会活動家メアリー・ハリマンによって設立された、女性が主導権を握る非営利団体です。 1921年には更に大きな組織となり、常識の在り方に対する女性の訴えをもっとパワフルに発信する、今では”ジュニアリーグインターナショナル教会(AJLI)”として知られています。 その目的は完全に教養と慈善にあり、現代において今すぐ処置する必要のある問題に立ち向かっています。例えば、読み書きができないこと、幼少期の栄養摂取、DV、養子の生活環境、肥満や他にも様々な問題です。 そして、上の写真にもあるセントルイスでのジュニアリーグ (JLSL) はこの大きな組織から枝分かれした団体です。 彼女達はみんな教養のあるボランティア達で、それぞれがリーダーシップを取って行動することで、女性の潜在能力発掘とコミュニティの成長に取り組んでいます。 活動内容としては、経済的支援や社会で生かせるスキル習得のサポートなどがあります。子供の権利を守り、強化させることや女性の健康や生活環境の改善などがメインに取り組んでいる課題です。 JLSLは1914年に設立され、2014年には100周年を迎えました。JLSLが地域に貢献した価値はお金に換算すると発足以来、40億にもなります。ボランティア達は毎年1万時間をボランティアに貢献しています。 セントルイス支部が今までに達成した最も大きなことは、1964年に開始された幼稚園プログラムです。これは、全国的なヘッドスタートプログラム(アメリカの保健福祉省が幼児を対象に行なっているプログラム)の前身でもあります。 他にも、セントルイスファミリーシアターシリーズというプロジェクトも長期で成し遂げました。 シアターを立ち上げて30年以上、今も子供達に読むことの楽しさを教え続けています。 リーグラークスやナイトゲイルといった他のボランティア団体は、老人ホームなどで音楽セラピーを提供していたりします。 JLSLでは定期的に強い女性達と家族の健康のためのサポートフェアも行っています。 その目的は、経済的支援や女性達の個人的なニーズに応えること。歯科検診、眼科検診などを含む健康診断も行っており他に、銀行員や弁護士も招いて、銀行口座を作るにあたっての質問を直接銀行員に聞いたり弁護士に法に関わる相談もできる場です。 もちろん、こういったサービスを行うにはある程度の資金が必要です。ジュニアリーグは非営利団体であるので、資金を募るにはいくつもの方法を使わなければなりません。会費を運転資金に回したり、年間を通して集まった寄付金を利用しています。 ジュニアリーグは1年を通して様々な規模のイベントを行っていて、その中には”コミュニティ支援のために資金を募る”というミッションが含まれています。 他の資金調達活動もいくつか行っています。 JLSLが作るシナモンロールが美味しいと有名なのですが、シナモンロールや料理本の販売、特別なイベントの開催、さらには開発チームが行うホームデザインツアーなどがあります。 それに、資金調達ができるブティックもオープンしました。そこで募った資金はJLSLでのトレーニングやコミュニティで行うプログラムに使われます。 『今まで本社ではJLSLの有名なシナモンロールや料理本を販売してきましたが、それに加えてブティックもオープンすることにしました!そのコンセプトは、私たちが販売しているものを多くの人に手に取ってもらうことと知名度を上げていくということ。それはJLSLのためでもあるしミッション(資金活動)でもあります。』 と、活動熱心なアリソンは教えてくれました。 ブティックにはミッションに貢献してくれるスタッフをかき集め、資金活動の場として有名になってきました。 そこでは何が販売されているのでしょうか。 『開発チームと企画していた中で、自分達が好きな物を売ろうと決めました。そして、”おもてなしの品”であること。 今は、一流レベルの紅茶とチョコレートを販売しています。他にイタリアンステイショナリーや誰とも被らないユニークなグリーティングカード、ギフトラッピングやタグ、子どもに向けた本や嗜好品などを置いています。』 ステイショナリーの中にはもちろんロッシ社の製品もあります。イニシャルの入ったカードや、そのイニシャルカードにクジャクの羽を柄にした金箔入りのものもあります。 『メンバー内で“消耗品を販売したいね“と話していて、私はダウンタウンでユニークなステイショナリーをずっと探していました。そんな中、最高の出会いを果たしたのがロッシ社のカード。 その出会いは最高でした!私の行きつけのショップでもロッシ社製品が販売されているのを見かけたことがありました。 ロッシ社製品はJSLSが提供しているものの中でもベストセラーであり、この先もそうであると思います。』 丁寧にきちんと作られた物を売ることが彼らの理念にあります。 『真心こもったユニークな物を作る作家さん達がパートナーです。特に、地元ミズーリ州の職人さんが多いです。 もし私がお客様で、ギフトカードや少し特別な贈り物を探しているのなら、まずは必ずJLSLのお店に行ってみます。それがコミュニティのためになるのだから、それなら出来るだけサポートしたいと思います。』 銘菓であるシナモンロールは会員の手作りだそう。 『近くの商業施設にあるキッチンで会員が自分達でシナモンロールを作っています。元々、JLSLのシナモンロールは本社とセントルイスの高級マーケットだけで売っていました。祝日や連休シーズンなになると、パン屋さんとパートナーシップを組んで売り上げに追いつくために一緒にシナモンロールを作ったりします。』 ちなみに、JLSLのシナモンロールは買って配送してもらうことも出来るそう! スモークハウス“というJLSLの商品を販売しているショップから電話一本でシナモンロールを購入&配送してくれます! http://www.smokehousemarket.com/about_shm.html JLSLは2011にシナモンロールの販売によって資金調達に貢献したことから、2011年にAJLIから賞を授与されました。 JLSLについての情報ら下記リンクからご覧頂けます。...
物書きにとってのドリームストア”、そう呼ばれているは明るく広々とした一角に佇む”Papier Plume”という物書きのためのお店。 歴史的中心部であるフレンチ・クオータ(アメリカ、ルイジアナ州)、ロイヤルストリート842番地に位置しています。 ここのお店にいると、手で何かを書くことや時代にとらわれないものづくりの芸術性や美しさを私たちに思い出させてくれます。
切手カードというクリエイティブな商品。 これらはStudio Carta(スタジオカルタ)というショップのアンジェラ・リグオリとバリ・ザキによってデザインされたものです。 このアイデアは2人のビンテージ切手に対する愛情から生まれました。 『マサチューセッツ州のブルックリンでデザインと製作されています。 どのカードにも60〜70年代のアメリカのヴィンテージ切手が貼られています。これらの切手は、私たちが何年も前から時間をかけて良いものを集めたものです。 それに、今でも実際に使用できます。こだわりは、どの切手もその時期やイベントがテーマのデザインがされていること! 切手は1枚1枚手で貼り、さらに私が1枚づつカルグラフィーを書いているのでとても貴重なものであるはず。 人気はホリデーカードですが、ベストセラーは感謝カードと記念日カード。 使用している紙は、イタリアの最高級の素材ばかりで作られたロッシ社のカードと封筒セットです。 イタリア製のデックルエッジの美しい紙はカリグラフィーにとても適しており、黒のインクが綺麗にフィットして良い味を出してくれます。 私たちが作ったステイショナリーは、アメリカのペーパーショップやギフトショップに卸売りもしています。もちろん、わたしが経営しているブルックリンのスタジオとオンラインショップでも販売しています。 Studio Cartaは世界的に有名なデザインスタジオです。 高級級ステイショナリーとイタリアから直輸入したリボンをメインに販売しています。 ローマ出身のブックメーカーとデザイナーである私が運営するスタジオで、現在私の家はボストンにあります。』 イタリア製100%コットンリボンの輸入総代理者であるアンジェラは、19世紀から何1つ変わらない素材と当時の製造方法を現代まで再現し続けているイタリアの製造者と共に働いています。 いくつものアワードや賞賛を手にしているStudio Carta。 今まで”マーサ・スチュワート・リビング”や”ドミノ”、”デザインスポンジ”などの大手雑誌などに取り上げられたこともあります。