ピエトロ・マスカーニは、ヴェリズモスタイル(リアリズム志向)のオペラで最も有名なイタリアの作曲家です。彼がテーマとするのは神話の登場人物や王や女王などではなく、現代における一般的な女性と男性です。日常生活でよくある男女間の複雑な問題について、扇情的な構成であるのが特徴です。現在の巨匠であり、映画のために14作ものオペラとオペレッタ、交響曲、サウンドトラックを書き、世界中でツアーを行いました。彼こそ真の歌手であり、とても独創的でありながら様々なスタイルも取り入れる作曲家で、オペラ界に多くの変化をもたらしました。
本日ご紹介するのは、La Rinascenteというデパート業界で世界最高の地位にある国際協会です。 インターコンチネンタルデパートメントストアグループ(*IGDH)による「2016年 世界最高デパート賞」で受賞を取り、すでに創業100周年を迎えています。
「私は1度も日記を持たずして旅したことがありません。誰しも旅路には、素晴らしい日記帳を持っておくべきでしょう。」 これは、オスカー・ワイルドの有名な作品“真面目が肝心”に出てくる言葉です。
みなさんのお家には、ずいぶん使っていない家具はありませんか? 私の家には、昔たった数ドルで買った薄汚いテーブルがありました。