DEMEDICI MING

今日、紹介するのはシアトルにあるDEMEDICI MING FINE PAPERというステイショナリーショップ。

横幅たった2.5メートル、奥行き8メートルの小さなその空間の中で何時間もブラブラ出来ないと思うかもしれませんが、どうやらここにしかない“紙”に魅力が隠されているようです。

「今までに最高6時間、店内を歩き回ったことがあります。」と話すのは、店の創設者であるキャッパー・ヘファーナン。

昔、タイやイタリア、フィリピンなどから輸入したカラフルな紙専門店を1人の女性と良い時間を過ごした日のことを思い出すようです。

創業してからこの40年間、シアトル美術館の近くにあるこの小さなお店は着実にファンを増やしていきました。パリのMarie Papierというお店にインスパイアされて、1983年に初めてオープンしたのが、ここ1stアヴェニュー店とユニバーシティ・ストリート店です。最初は手の凝った手紙に関する商品を専門的に販売していましたが、あまりにもすぐに商品が人気になったため、様々な用途に使える紙を取り扱うようになりました。この独特な店名は、“紙”に密接する2つの文化に由来しています。
紙を最初に発明したのは中国人の明王朝、そしてそれを日常に取り入れたのがイタリア人のデメディチ家です。この2つの文化は1200年から1600年代の間に統合され、現在でもシアトルではRenaissance paper bouquetという別のお店でその2つの文化が混ざり合ったユニークな文化が感じられます。

ここはオンライン販売をしていませんが、電話によるサポートが受けられます。遠く離れた場所に居ても、ウェブサイトを見ればたくさんの商品をチェックすることができます。

私たちは、このユニークなペーパーストアについての感想をお客様に聞いてみることにしました。

「この店はシアトル美術館の向かいにあります。1983年にオープンしてからずっと、バラエティ豊富な紙製品を取り扱っていることでたくさんの人々を虜にしています。棚には、カレンダー、レターセット、ノート、カードがぎっしり並べられています。ショップ内には地元の有名な活版デザイナーであるベンジャミン・ポールも居ます。
紙の種類は、遠い東アジアの桑の繊維やフィリピンで採れたバナナ、インドの綿など様々な国で採れた植物繊維で作られた上質な紙製品が揃っています。

店名は、紙を発明した中国人とそれを日常で使用するものとして広めたルネサンス期のイタリア人を称えて付けられたものです。」

「質の良い紙を探しているなら、DEMEDICI  MINGにぜひ行ってみてください。29年間、ずっとシアトルで紙のトレンドを発信源であり続けています。こんなに小さなお店の中に、世界中からリボン、日記帳、ノート、ラッピング用品、折り紙、ペン、筆、カレンダー、グリーティングカードがたくさん詰まっています。特に、イタリアと日本の紙は最高です。」

「この小さな場所で至福の1日をここで過ごすことが出来ます。

みなさんは紙やペンはお好きですか?椅子に腰かけて、友達に日頃の感謝を伝えるお手紙を書いてみるのはいかがですか?この時代、あえてアナログな方法で気持ちを伝えるる方がとても新鮮で、相手も喜ぶことでしょう。このアイデアが少しでも良いと思った方はここを訪れてみるべきです!

ゴージャスなラッピング用品やカード、色んな種類の紙と小さなハンドメイドギフトまであります。言葉では表せないくらい最高な場所なので、是非一度立ち寄ってみてください。」

「私は一度、スタッフの方に万年筆と相性の良い紙があるか聞いたことがあります。きっとレザーの表紙の日記帳くらいしかないだろうなと思っていましたが、出てきたのはイタリア語とチェコ語のが書かれた透かし紙でした。1セットづつ封筒付きで販売されていたので、よく見る羊皮紙とは違いました。
それは本当に“良い品”で、そのデックルエッジ(切れ端がフサフサしたもの)のコットン紙は、今まで見た紙の中で最高の品質とデザインでした。このような良い意味で予想を超えてくるお店は、オンラインであろうと未だに見つけられません。」

「この小さなお店は、小さな宝物がパックに入っているのと同じようなもの。ここで働く優しいスタッフさんもとても魅力的で、招待状など文面に入れる文字を考える時、彼らはセンスの良いアイデアを出してくれました。」

「この場所は“すごい”としか言いようがありません…彼らのラッピング用品やグリーティングカードへのこだわりは本当に素敵で、私にとって天国の様な場所です。コンパクトなお店の中には選びきれないほどの厳選アイテムで埋まっています。
ボックスを使ってカードを種類別に分け、スペースを最大限利用して良いものを美しい状態で提供しているのも気に入りました。他のお店と同様に、ポイントカードやラッピングもあります。(セール品は対象外となるかもしれません)このお店は確実に、今まで行ったステイショナリーショップの中で最も多くの包装紙コレクションが充実していました。」

de Medici Ming Fine Paper
1222 A 1st Avenue
Seattle, WA 98101
206.624.1983
www.demedicimingfinepaper.com

最新記事

卒業祝いのギフトは “その人にスタイル”に仕上げるのがポイント
October 25, 2020
アメリカの難関大学11個とロッシ社の関係
October 15, 2020
本当に大切なものと生きる、 シンプルライフの送り方
October 5, 2020

Follow Us