ロッシ1931、レオナルドダヴィンチと東京富士美術館

レオナルドダヴィンチはダンブラウンによるインフェルノやダヴィンチコードといった小説で大きな信憑性を与え、ミステリーや不可解なものとして描かれています。それ故、東京富士美術館で行われた”アンギアーリの戦い”展はレオナルドダヴィンチのイメージをよく表現していて、同じように興味をそそられる程の謎に包まれています。

ロッソ プロダクト 富士美術館東京

 

彼が今までに引き受けた作品の中で最も壮大な壁画のプロジェクトはイタリアンルネサンスアートの中で最も大望のあるものとして位置付けられていて、その絵題であるアンギアーリの戦いも世界で最も大きな反乱で謎めいたものとされています。レオナルドダヴィンチは1503年にヴェッキオ宮殿の壁にその絵を描き始め、未完成のままとなりました。その理由は通常ではしない、不運なオイルペイントとフレスコェッキオ宮殿の壁にその絵を描き始め、未完成のままとなりました。その理由は通常ではしない、不運なオイルペイントとフレスコ画法を混ぜるテクニックが通常ではしない、不運なものだったからです。

ヴェッキオ宮殿の壁にその絵を描き始め、未完成のままとなりました。その理由は通常ではしない、不運なオイルペイントとフレスコ画法を混ぜるテクニックが通常ではしない、不運なものだったからです。

その絵はヴェッキオ宮殿の修復作業がされた後に消されました。1563年、ヴァサリが新しく作られた壁にフレスコ画法を用いた絵を新たに描き、 いくつかの美術史家達はダヴィンチのフレスコ画法がその下には隠されているのではないかと信じています。

ダヴィンチが描いた絵のシーンの中心は中世15世紀の戦争中、しきたりを保有するために戦いに従事している4人の荒れ狂った馬に乗る4人の男性です。このシーンが描かれたオリジナルのフレスコ画をコピーしたものがいくつかありました。そのうちの1つがタヴォラドーリアという16世紀にまで遡る匿名の絵画で、一部の人からとても魅力的な作品として彼自身への評価となっています。

ロッシープロダクトフジ - アート美術館 レオナルド

この作品は不思議にもイタリアから無くなり、プライベートコレクションを継ぐ1つとなりました。タヴォラドーリアという名前は、絵画を購入し1940年まで保有していた貴族の名前から取ったものです。イタリアから消えた17年後、なんとそれは東京富士美術館の代わりにジュネーブ銀行の金庫で保管されていたのを発見されました。日本の博物館は1992年に日本のアンティーク商品の市場から誠意を持ってこの作品を購入しました。第二次世界大戦が始まるときに、それは不法輸出されたという主張のもと職員が損害賠償を要求して博物館はそれをイタリアに返却しました。その後、この絵画はフィレンツェにあるウフィツィ美術館にあります。ウフィツィとイタリアの文化省は交代制で日本の博物館で4年間、この絵画を提供して展示することに合意しました。日本では2016年に史上初、東京富士美術館でこの謎多き絵画を展示しました。

それが”レオナルドダヴィンチとアンギアーリの戦い”というタイトルの特別なエキシビジョンで、2016年の5月26日から8月9日まで運営されて絵画も含め、約60点もの作品を展示しました。

東京富士美術館ロッシ

 

そこでは私達ロッシ社の幅広いセレクションの商品も販売されていたということで、今ここで伝えられた事をとても誇りに思います。

”アンギアーリの戦いは未だに謎に包まれたままで、現代の人々はこの絵画を通して謎を解くのは難しい課題となってきていると思います。”と東京富士美術館のディレクターである五木田聡(ごきたあきら)氏は言います。”絵画の返却によって更に追跡が行われ、一般公開される為の努力を促すものとなり、私達のエキシビジョンを通してルネッサンスを具現化したレオナルドダヴィンチのもっと奥の世界に触れられる様になることを期待しています。”

展覧会の詳細については、以下を参照してください。http://www.fujibi.or.jp/en/exhibitions/now-showing.html

最新記事

箱、ドレス、そしてROSSI…最高の出会い。
October 27, 2019
日本ブランド「Amaca」とのコラボレーション
October 17, 2019
シアトル美術館
October 7, 2019

Follow Us