シアトル美術館

パイクプレイスマーケットから1ブロック離れたシアトル美術館(SAM)は、光に溢れたギャラリーで、世界中のアートコレクションやその時々で変わる展示物、そして世界中の特別な展示を通してあなたを素晴らしい時間へと引き連れてくれます。

写真: Benjamin Benschneide

シアトルは、他に類を見ない自然の美しさ、最高のコーヒー、美しい海岸線、とても美味しいシーフード、おどろくほど豊富な文化が凝縮された街。

これらの1してあるのが、「SAM」の名称で親しまれているシアトル美術館です。

SAMは3つの施設に分かれています。メインとなる建物はシアトルのダウンタウンにあり、スペースニードルから南へ約1.6 kmの場所に位置しており、パイクプレイスマーケットからはそれほど遠くありません。

2つ目の建物は、キャピトルヒルのボランティアパークにあるシアトルアジア美術館(SAAM)で、3つ目シアトル中心部のウォーターフロントにあるオープンオリンピックスカルプチャーパークに位置します。

「SAM」は、シアトルを代表するコーヒーや雨、山、パイクプレイス、スペースニードルなどと同じように、シアトルの風景と個性の一部を反映するものとして街に建てられた博物館です。SAMは1933年以来、太平洋岸北西部での世界クラスを誇るビジュアルアートの中心となっています。

シアトル美術館には、ヨーロッパの傑作から現代彫刻まですべてを展示する、アメリカの偉大なグローバルアートコレクションの1つがあります。その中には、時代別から現代に至るまでのアフリカ、メソアメリカ、古代地中海、イスラム、ヨーロッパ、海洋、オーストラリアのアボリジニ、アジア、アメリカ(ジョージアオキーフ、ジェイソンポロック)のものや、ポリネシアの素晴らしいコレクションをはじめとする装飾芸術で溢れています。町の外から来た訪問者は、特に北西海岸の芸術を特徴とし脚光を浴びているネイティブアメリカンのギャラリーを楽しんでいます。

SAMは、1905年に組織されたシアトルファインアーツソサエティにその起源をたどります。1931年に、その名前はシアトル芸術協会と改名されました。長年をかけて、美術館は芸術の寄付者、時間、土地の助成金によって完成しました。 1933年に、アジア芸術に焦点をあてた最初のシアトル美術館が正式にオープンしました。

1983年、美術館はユニオンストリートとパイクストリートの間のセカンドアベニューの西側に位置するダウンタウンの街区の半分の寄付金を受け取りました。ところが結局、この特定のブロックは適切な場所ではないと判断されたため、博物館は隣りにある南ブロックの土地を取得しました。

1980年代後半までに博物館は元々あった建物を大きくし、1991年には新たに6,200万ドル、155,000平方フィートのダウンタウンの建物が一般公開されました。元の1933年の建物は、1994年にアジア美術館として改装され、再開されました(この建物は拡張され、美しい改装ばかりです)。

2007年には、9エーカーのオリンピック彫刻公園(「壁のない博物館」)が一般公開されました。これを完成するのに、8年近くの時間がかかりました。

SAMコレクションは、1933年の1,900個を超える作品から、世界中の25,000近くの芸術作品を抱えるにまで成長しました。

写真: Benjamin Benschneider

ジョナサン・ボロフスキーのハンマーマン彫刻は博物館の外に設置されました。この彫刻は博物館の開館に間に合うように設置されるはずでしたが、1991年9月28日、労働者が作品を組み立てようとしたとき、落下して破損してしまったのです。その修理のため、彫刻は鋳造所に返さされ、その翌年にようやく設置されました。

永久的なコレクションと一時的な展示に加えて、博物館では毎月第1木曜日に多くの特典やプログラムを提供しています…..(.無料で入場できます)

コミュニティナイトアウト、ファミリーファンワークショップ、講義、参加型ワークショップ、土曜日の大学出張などです。

SAMショップでは、珍しい置物や現代的なデザインのインテリア、子供用のおもちゃ、地元のアーティストによるジュエリー、アートとデザインの本、上質な紙と現在の展示に関連したアイテムを販売しています。

SAMギャラリーは、シアトル美術館のアート販売およびレンタルギャラリーであり、北西部の芸術家による何百という現代のオリジナル作品を提供しています。

その一部として、塗り絵、絵画、ミックスドメディア作品(様々な素材を組み合わせて作られたアート)、限定版プリント、写真などがあります。ギャラリーはより多くの視聴者に観てもらうことによって、地元のアーティストとそのキャリアをサポートしています。

Renata Tatmanは、ギャラリーとショップの主要なバイヤー兼商品開発者です。

「シアトル美術館(SAM)はもともと1933年に、シアトルのボランティアパークに位置する美しいアールデコの建物にオープンしました。 SAMはその後大きく成長し、現在3つの拠点があります。シアトルのダウンタウンにあるメイン美術館、ダウンタウンのすぐ北にあるオリンピック彫刻公園、SAMの元の建物にあるアジア美術館。博物館が拡大するにつれて店舗も2か所に増え、新しい展示ごとに内容とテーマが見事に変わります。

ストア内の製品は、訪問者がSAMで見ることを期待しているものを反映しており、コレクションは広範囲にわたります。アフリカ、アジア、オーストラリアのアボリジニ、コンテンポラリー、ヨーロッパ、初期のアメリカ、ネイティブアメリカン…などです。

アレッサンドロ・ファルネーゼの肖像画。 1509-1511。若いマスターラファエルによって枢機inalとして将来の教皇の委任された肖像画は、展覧会を開きます。

肉体(Flesh and Blood):カポディモンテ博物館にあるイタリアの傑作は、16世紀と17世紀の芸術の強烈な美しさを表現しています。Titian やRaphaelなどの巨匠による40にも及ぶルネサンスとバロックの芸術作品(39の絵画と1つの彫刻)が展示されています。コレクションの中心にあるのは、16世紀と17世紀に形成されたとても著名的なファルネーゼコレクションです。

この展覧会は、ナポリのカポディモンテ博物館にある多くの作品が始めて異国の地で同時に集結した場です。展示は2020年1月26日まで開催されます。

Renataは続けます…

”私たちは、さまざまなギフト用包装紙、日記帳、メモ帳、メモカード、固定セットを注文しました。私のお気に入りは、さまざまな植物素材でできた日記帳です。ヘーゼルナッツ、ラベンダー、柑橘類、チェリーがそれぞれお使用されています。歴史的なタコのイラストがされたノートと小さなノートカードは本当に素晴らしい!太平洋岸北西部から来るお客様は、タコの美しいイメージを常に高く評価しています。もちろん、全てのサイズで用意しているフィレンツェのメモ帳とおそろいの鉛筆は必須アイテムです。私たちの展覧会はカトリックを参照しているため、「イタリアンギャラリー」のコレクションを取り上げています。ノートカードは、金でアクセントをつけられた美しい宗教的なイメージがあり、完璧なホリデーカードとなります。”

 

「シアトルのダウンタウンにある本店は、書籍、現代デザイン、ハンドメイドジュエリー、ガラスとセラミック、テキスタイル、おもちゃ、文房具、地域の職人によってデザインされた製品に重点を置いた豊富な製品が現代的な雰囲気を放っています。また、さまざまなSAMオリジナルブランドの製品もあります」とRenata氏は言います。

RenataはSAMの真の広報担当者であり、ファンでもあります。

「シアトル美術館でみなさまに会えることを楽しみにしています!絶えず変化するコレクションをお見せいたしますので、ワクワクすること間違いないでしょう!もちろん、お店を覗くのも忘れないように!」

シアトル美術館:
http://seattleartmuseum.org
1300 FIRST AVE, SEATTLE, WA 98101

現在実施している展示:
Flesh and Blood: Italian Masterpieces from the Capodimonte Museum
Oct 17–Jan 26, Seattle Art Museum

SAAM (シアトルアジア美術館):
http://seattleartmuseum.org/visit/asian-art-museum
VOLUNTEER PARK 1400 EAST PROSPECT STREET, SEATTLE, WA 98112

オリンピック彫刻公園:
http://seattleartmuseum.org/visit/olympic-sculpture-park
2901 WESTERN AVENUE,​SEATTLE, WA 98121

最新記事

箱、ドレス、そしてROSSI…最高の出会い。
October 27, 2019
日本ブランド「Amaca」とのコラボレーション
October 17, 2019
WHITELAW & NEWTON, オーストラリア
September 28, 2019

Follow Us