イタリア流活版印刷

ロッシ社は、活版印刷において独自のスタイルを築き上げました。大胆で今時なテイストを柄に落とし込んでいます。

聞いたことのある方もいるかもしれませんが, 活版印刷はルネサンス時代の最後の10年で注目された印刷法です。その美しいデザインとシンプルさが人々を虜にしました。
それは人々の目を釘付けにするほどの上品さを放っています。

活版印刷はただ目に美しく映る芸術だけではなく、科学でもあります。

ものづくり精神の極みであり、大きな忍耐を要するこの活版印刷はロッシ社が最もひいでている技術でもあります。
コレクションを作成するのに、ロッシ社は大昔から受け継がれてきた印刷機を利用しています。

柄はそれぞれ1枚づつ印刷されます。そのため、1つ1つに異なる色彩と濃淡のインクが使われていて、与える印象も様々です。
印刷機にインクをセットする工程はとても重要です。特に、モチーフとなる柄が小さく複雑であるほど難しくなり、ロッシ社の柄はまさに小さく繊細なパターンのものがたくさんあります。
高い質と重量感のある紙は破れにくく、活版印刷で一般的に使用する印刷機でプレスされても紙質が駄目になることはありません。

ロッシ社が使用している紙は活版印刷に最適なタイプで、繊維がたっぷり入っていて柔らかくプレスされた時にインクがしっかりと残ってくれます。
言うまでもなく、きらびやかなデザインで活版印刷特有の味のある雰囲気がただよっています。それが世界中のペーパーラバーのここを掴んでいるのです。
この独特なデザインはインビテーションやブックカバー、アルバム、グリーティングカードなどを作るのにぴったりです。

ここでコレクションのほんの一部をお見せします!

LTP 004
LTP 016

 

 

 

 

 

 

 

現在、ロッシコレクションの在庫の大多数がアメリカのフロリダで管理されていて、アメリカを経由した郵送システムで以前よりもスムーズなシッピングに成功しています。

もっと詳しい情報はHPをご覧ください。

 http://rossi1931.com

最新記事

シナモンロールに隠れた幸せの輪
June 23, 2021
PAPIER PLUME in ニューオリンズ
June 9, 2021
デザインデュオ: フランコボッロ(切手)×ロッシ社
May 26, 2021

Follow Us