ボルゴさんロレンツォ

ロッシ社はどこにあるのかとよく聞かれます。オフィス、プレス、倉庫はどこにありますか?と。もちろん、誰もがロッシ社がイタリアにあることを知っていますが、みんながどの地域にあるかは知りません。

ボルゴサンロレンツォは、トスカーナのアペニン山脈に近く、フィレンツェ市から北東に約30 kmのところに位置しています。町自体は、メディチ家の歴史が刻まれたフィレンツェ地区のムジェロコミューンの下にあります。ムジェロとして知られる地域は、トスカーナ州北部、フィレンツェから数キロ北にある地域です。この地域はかつて、多くの遺跡の痕跡を残し、ムジェロの最初の道路網を建設したエトルリア人に占領されていました。

ムジェロの地域は、フィレンツェを流れるトスカーナの主要な川であるアルノ川に注ぐ主要な川の1つに交差する広くて緑の多い渓谷であるす。ムジェロは、その自然の美しさと、なだらかな平野から丘、そして山に至るその風景に見られる風景がとても印象的です。

ボルゴサンロレンツォは、シーブ川の左岸にそびえています。歴史的に、この村は、谷とフィレンツェを結ぶ2つの道路に近い方策上な位置にあるため、ムジェロ地区で最も重要な町でした。

この町は、かつてアンネイアヌムと呼ばれる古代ローマの村があった場所に設立されました。ローマ人が去った後、村人たちは地元のサン・ロレンツォ教会にちなんで町の名前を変更しました。 13世紀には、ボルゴサンロレンツォは、帝国の支持者と教皇の支持者の間の交渉で重要な役割を果たしました。

この町がフィレンツェ共和国の支配下になったのは、今世紀の終わりです。また、その間、その地域のいくつかの貴族の家族がメディチ家のような別荘をそこに建てました。

防御の一環として、フィレンツェ共和国は14世紀半ばに町を強化し、4つの入り口を設けました。

現在、アーチ型の入り口の2つの部分、ポルタフィオレンティーナ(フィレンツェゲート)とポルタデッロロロッジョ(ゲートオブザウォッチ)がまだ見えます。

この要塞は、1527年のフランス軍の攻撃を撃退するなど、何世紀にもわたって町を保護するのに役立ちました。町は確かに第二次世界大戦中にある程度の被害を受けましたが、町の中心は完全に復元されました。

この地域の他の多くの町とは対照的に、ボルゴサンロレンツォは観光用だけに依存していません。フィレンツェ北部から続く主要道路に近い方策上、重要なためボルゴサンロレンツォには、経済を牽引する多くの産業とビジネスがあります。町の経済は、農業および産業分野で活発ですが、芸術陶器の活気ある工芸品貿易も促進しています。

また、イタリアで最も有名なフォーミュラワンのテストレーストラックの1つであるムジェロサーキットレーストラックの本拠地でもあります。もともとはロードサーキットで、ここで最初のモーターレースは1914年に開催されました。

このトラックに関連する伝説的な名前には、ブリリペリ、エンツォフェラーリ(1921年にアルファロメオクラス4.500で優勝)、ボルザッキーニ、エミリオマテラシがあります。

ムジェロサーキットは、1914年に初めてロードレースを開催し、それ以来定期的に大会を開催しています。 今では、イタリアのモトGPバイクレースの本拠地としてより有名になり、フェラーリが定期的にF1レースカーをテストするコースでもあります。
www.mugellocircuit.it

ボルゴサンロレンツォは、いくつかのインスピレーションあふれる芸術の拠点です。古代と神聖なもの、そして現在のものもあります。

町の中心部にあるサンロレンツォ教区教会(ピエーヴェディサンロレンツォ)の起源は西暦941年にまで遡り、ベルタワーは1263年に追加されました。教会内にはジョットとロッセリの芸術作品が展示されています。これは、ムジェロで最大のロマネスク建築です。教会の内部には過去の重要性を証明する膨大な芸術作品のコレクションがあります。

これらの中には、ジョットの学校の十字架のパネルであるジョットに起因するマドンナ、アニョーロ・ガッディの子供を持つ王座のマドンナ、マッテオ・ロッセリの聖母フランシスとドメニックのマドンナがあります。

クロ―チフィッソデルミラコーリ小礼拝堂は、おそらくジョヴァンニピサーノ(14世紀)によって木製の十字架像を保持するために18世紀に建てられました。十字架は15世紀にペストから逃げていたドイツの巡礼者によってここに残されました。

礼拝堂のすぐ左には、広大なサンフランチェスコ教会があります。ゴシック様式の広大な身廊、14世紀のフレスコ画の残骸、礼拝堂があり、すべて川の小石でできています。

ペコリジラルディパレス・・・1748年に古代ジラルディの敷地内に建設され、ペコリ伯爵の手に渡りました。1979年、家族はこの建物をボルゴサンロレンツォの町に寄付しました。

ファサードはルネッサンス様式ですが、内部のホールには幾何学と花の両方のフレスコ画があり、20世紀初頭にガリレオチニによって作成された中世の作品の複製があります。 1897年、ガリレオチニは、元々フィレンツェに陶芸作品工場「アルテデッラセラミカ」を設立し、彼の個人的な芸術的指導の下、ボルゴサンロレンツォに新しい工場を開設しました。

 

Villa Pecori Giraldiには現在、チニ陶磁器博物館があります。チニの「アルテデッラセラミカ」とチニ家のサンロレンツォ炉の陶磁器、ステンドグラス、絵、装飾のサンプルがあります。興味深いことは、工場の作業段階の再構築に専念しています。 20世紀初頭、ガリレオチニはイタリアの「アールヌーボー」(リバティスタイルとも呼ばれます)の主要な代表者の1人となり、1906年までにはアーティストとしての名声が東の国々にも達しました。

詳細については: www.mugellotoscana.it/it/

最新記事

2019年12月7日はレターライティングデイ
December 27, 2019
ROSSI社の配送と倉庫に関する秘密
December 17, 2019
箱、ドレス、そしてROSSI…最高の出会い。
October 27, 2019

Follow Us